ホーム > お知らせ
2018/04/22

ゴールデンウィーク限定!新緑の古建築公開(重要文化財 臨春閣)と関連の催し

■新緑の古建築公開―重要文化財 臨春閣
期間:2018年4/28(土)〜5/6(日)9:00-16:30
臨春閣は、江戸時代初期に紀州徳川家の別荘として建てられた巌出御殿(いわでごてん)の遺構といわれる建物です。その内部は書院造を基本としながらも、同時代に造られた京都・桂離宮にも似通う風流・風雅を凝らした数寄屋の意匠が施されていることに特徴が見られます。
また、外観のみならず内部からの庭園の眺めも見どころです。
※臨春閣内の2か所の床では、いけばなを飾ります。
 協力:梶井宮御流家元 一松斎 藤原素朝氏
■関連企画
○聴秋閣奥新緑の遊歩道公開
 日時:4月28日(土)〜5月6日(日) 9:00-16:30
○自然観察会(三溪園ボランティア)
 日時:4月28日(土)、5月6日(日) 各日 10:30-11:30 / 13:30-14:30
     5月10日(木) 10:30-11:30
○新緑の一日庵(いちじつあん)茶会(三溪園ボランティア)
 日時:4月30日(月・振) 10:30-14:30
 会場:横浜市指定有形文化財 白雲邸 中庭 ※雨天の場合は、白雲邸内
 定員:160名(先着順)
 参加:¥500(菓子つき)※入園料は別途必要となります。
 ※茶券は、10:00から茶席入口で販売。
○クイズで学ぶ三溪園〜原 富太郎と横浜(原三溪市民研究会)
 日時:5月3日(木・祝)〜5月5日(土・祝) 10:00-15:00

■同時開催企画
能島芳史展 密教寺院空間に輝くフランドル絵画転生の奇跡
ベルギー王立ゲント美術大学で研究・修得した15世紀フランドル絵画の技法をさらに展開させた画法をもって描かれた油彩画の大作十数点を旧燈明寺本堂(重要文化財)内に展示。日本の密教寺院の空間にならぶ幻想的な作品の数々を楽しめます。
日時:4月28日(土)〜5月7日(月) 9:00-17:00 ※最終日は15:00まで。
観覧料:無料 ※入園料は別途必要となります。
主催:かさぎ画廊
後援:ベルギー王国大使館、日本ベルギー学会、日本・ベルギー協会、横浜市文化観光局、三溪園