ホーム > お知らせ
2017/10/30

紅葉の古建築公開―重要文化財2棟 聴秋閣と春草廬、遊歩道の公開

■紅葉の古建築公開―重要文化財2棟 聴秋閣と春草廬
期間:2017年11月18日(土)〜12月10日(日)9:00-16:30
いずれも江戸時代初期の建築。聴秋閣は三溪園の完成を決めた、三溪による最後の移築となった楼閣。春草廬は三溪が京都から移築し、当時は隠居所に隣接して建てられていた茶室。どちらもデザインに富んだ外観が楽しめます。
*建物は小規模であるため、間近での見学となります。内部には立ち入れません。
*聴秋閣奥の遊歩道も特別に開放します。

■関連の催し
○紅葉の自然観察会(三溪園ボランティア)
 *園内のさまざまな種類の植物を紹介します
 日時:11月23日(木・祝)、12月10日(日) 各日10:30-11:30 / 13:30-14:30
 集合場所:正門入口

*紅葉の時期は、園内が大変混雑します。内苑では三脚・自撮り棒のご利用は禁止となっています。ご協力をよろしくお願いいたします。
*11月21日・22日は園内の建物を使用した大規模な茶会が催されます。茶会用に建物の仕様が変わりますのでご了承ください(聴秋閣と春草廬は通常どおり特別公開を行っています)。