ホーム > お知らせ
2017/07/04

所蔵品展のおしらせ:「夏の日」「蓮―はちす」など(7/6〜8/15)

■期間  7月6日(木)〜8月15日(火)【第1・2展示室】
      5月26日(金)〜7月5日(水)/7月7日(金)〜8月16日(水)【第3展示室】
■会場 三溪記念館
■料金 無料(入園料のみ)
■内容
 第1展示室
  原三溪の書画:「夏の日」季節にふさわしい書画 8件
  所蔵の近代日本画:「夏の宵」小林古径《夕暮》、黒田古郷《金魚》、石渡風古《流燈》
  ほか、原三溪《三溪集》、牛田雞村《絵手本》

 第2展示室
  臨春閣の替え襖:中島清之《竹図》
  「蓮―はちす」:伝 小栗宗丹《周茂淑愛蓮》、《黒漆蓮文飾経机》、小茂田青樹《蓮華》
  「三溪の蓮」:原三溪自筆の蓮の画5点
  
 第3展示室
  名勝指定10周年記念―三溪園をまもり伝える
  2007年に三溪園が国の名勝に指定されてから10年。当財団はこのかけがえのない
  文化財を後世へ伝えるべく、保存整備を行っています。どのような整備がなされているの
  かを、パネルで紹介します。
  *一部資料の展示替えを行い、会期を延長し、8月16日まで開催とします。

*都合により、展示終了日が変更になる場合もあります。ご了承ください。
*展示替えに伴う閉室は、7月5日(水):第1・2展示室、6日(木):第3展示室 です