ホーム > お知らせ
2013/03/13

所蔵品展示のおしらせ:第1・2展示室(3/14〜4/15) *第3展示室は「第37回三溪園俳句展」(3/15〜5/28)

■期間 3月14日(木)〜4月15日(月)【第1・2展示室】
      3月15日(金)〜5月28日(火)【第3展示室】
■会場 三溪記念館
■料金 無料(入園料のみ)
■内容
 第1展示室
  原三溪の書画:「風光る」 桜や桃の春らしい書画など 7件
  ゆかりの作家:「小茂田青樹」《蒲田》《軍鶏》《猫にオシロイバナ》
                    《第13回再興院展図録》《赤曜会目録》
 
 第2展示室
  臨春閣の障壁画:伝狩野山楽《村雨松林図》 中島千波《松林図》
  「桜のころ」:牛田雞村《月夜桜》、荒井寛方《釈尊降誕》、
          伏見文男《春の大池》、原三溪《飛騨紀行貼交屏風》
  
 第3展示室
  「第37回三溪園俳句展」
  藤棚に設けられている投句箱に寄せられた一年間の俳句の中から、優秀作品を色紙に挿
  絵をそえて紹介します。挿絵は日本画家の越畑喜代美氏。一般の部34作品、青少年の部
  6作品。
   *2月24日に開催された俳句大会の優秀作品は、短冊にしたため、三溪園天満宮にて
    一年間展示します。

 *都合により、展示終了日が変更になる場合もあります。ご了承ください。