ホーム古建築のご案内 > 金毛窟

金毛窟

金毛窟 1918年(大正7年)建築 <貸出施設>
三溪が建てた一畳台目(いちじょうだいめ)の極小の茶室です。
ひとこと&みどころ
金毛窟という名は、床柱に京都大徳寺の山門 金毛閣の高欄の架木を使用していることにちなみます。 金毛窟平面図