ホーム > よくある質問

交通案内

開園日・開園時間
開園時間は何時から何時までですか? また、休園日はいつですか?
開園時間は午前9時から午後5時(入園締切 午後4時30分)です。
休園日は12月29日、30日、31日です。
開園時間を延長することはありますか?
イベント開催時期には、通常の開園時間を変更して営業します。
開園時間を延ばすイベント:観桜の夕べ・蛍の夕べ・観月会(午後8時30分入園締切午後9時閉園)
開園時間を早めるイベント:早朝観蓮会(午前6時開園)
入園料・駐車料
入園料金の割引はありますか?
市内宿泊施設などで配布している三溪園発行の割引券を持参いただけると団体料金で入園できます。また、回数券(5枚綴り)をご利用いただくと1回の入園料が団体料金と同額になります。
入園料はいくらですか?
下記のとおりです。 
大人(高校生以上) 700円 (600円)
こども(小学生・中学生) 200円 (100円)
横浜市内在住65歳以上
(濱ともカードをご提示ください)
200円
(  )内は、団体料金(10名以上)です。
学生(高校生以上)で構成された団体(10名以上)が教職員引率のもと入園する場合、学生団体入園料金(高校生以上)300円にて入園が可能です。
年間いつでも入れるパスポートはありますか?
購入日から1年間有効のパスポートを正門窓口にて販売しています。購入希望の方は、入園時に窓口係員に申し付けください。
大人(高校生以上)  2500円
こども(小学生・中学生)   700円
横浜市内在住の65歳以上
(濱ともカードをご提示ください)
  700円
入園券の前売券はありますか?
購入の翌日からご利用いただける入園前売券大人(高校生以上)600円を正門窓口にて販売しています。こどもの前売券のご用意はありません。
障害者の介護者は入園料が必要ですか?
障害者手帳を持参の方には、介護者として1名の入園料が無料になります。なお、駐車料金の割引はありません。
駐車場はありますか? 料金はかかりますか?
来園者専用の駐車場がありますが、バスと兼用ですのでバスの予約状況によって駐車可能台数(平常時80台)が変動します。駐車場利用料金は、乗用車最初の2時間まで500円、以降30分毎100円、当日最大1,000円、バス1回1,000円です。桜、紅葉の時期やイベント開催等で満車の場合があります。混雑状況は、当日お問い合わせください。混雑時期は、公共交通機関のご利用をお願いします。
近隣の駐車場はありますか?
当園の駐車場ではありませんが、三溪園に隣接している本牧市民公園に駐車場がございます。(駐車スペース約300台 200円/1h 24時間営業)本牧市民公園の駐車場ご利用の際は、南門から御入園ください。 本牧市民公園駐車場出入口(横浜市陶芸センター側)から南門まで約220mです。
交通
最寄り駅はどこですか?
最寄り駅は、JR根岸駅(京浜東北線/根岸線 横浜駅から大船方面へ5駅目)です。根岸駅からは、徒歩約30分です。路線バス、タクシー(所要時間約10分)をご利用ください。
横浜駅からバスはでていますか?
横浜駅東口のバスターミナル2番乗り場から、三溪園方面行きのバス(8系統・148系統)が運行しています。三溪園入口で下車してください。(所要時間35分前後)
また、土・日曜日・祝日限定でぶらり三溪園BUSが運行しています。(所要時間45分前後)三溪園バス停(三溪園駐車場内)で下車してください。運行ルートが8系統・148系統と異なります。詳細は横浜市交通局ホームページをご覧ください。
根岸駅からバスはでていますか?
根岸駅前のバスターミナル1番乗り場から、本牧方面行きのバスが運行しています。1番乗り場のバスはどの系統の路線バスも本牧バス停を経由します。本牧バス停から三溪園まで600mです。
中華街・山下公園からは、近いですか?
乗用車で所要時間15分ほどです。路線バスは、中華街入口バス停、山下町バス停などに停まる8系統、148系統に乗車し三溪園入口で下車してください。なお、道路事情により所要時間は変化しますのでご了承ください。
新横浜駅から、どう行けばよいですか?
JR新横浜駅から横浜線(横浜方面行き)に乗り、東神奈川もしくは横浜で京浜東北線・根岸線(大船方面行き)に乗り換え、根岸駅で下車してください。根岸駅からは、上記質問をご覧ください。
見学
園内全域を観るのにはどれくらいの時間がかかりますか?
個人差がありますが、約2時間で、全域を観る事ができます。一般的な団体観光で来園する場合、見学時間は概ね1時間です。
ペットを同伴しての入園はできますか?
犬、猫、うさぎなどを含む動物、オウム他の鳥類をつれての見学はできません。
イベント・サービス
どのようなイベントがありますか?
重要文化財に指定されている古建築の公開、観桜の夕べ、早朝観蓮会などの時季に応じたイベントをおこなっています。三溪園の風情を、お楽しみください。
古建築の内部は見学できませんか?
基本的に、古建築の内部は見学できません。一部は、イベントでの公開をしております。詳しくは、お問いあわせください。
古建築を使用して茶会や句会を開けますか?
園内の古建築は、一部を除いて貸出施設となっています。貸出案内をご覧ください。さらに詳しい情報については、お問いあわせください。
園内にお弁当を持ち込んで食事をとっても良いですか? また、園内で食事がとれるお店がありますか?
内苑および旧矢箆原家住宅では飲食をお断りしています。飲食をお断りする掲示が無い場所に関しては、飲食の制限はありません。ただし、園外から持ち込まれた飲食物は、園内美化のために持ち帰りをお願いします。また、園内では、3軒の茶店が営業しております。
ベビーカーの貸出サービスはありますか?
現在、お取り扱いしていません。
ベビーベッド(ベビーシート)、授乳室などはありますか?
ベビーベット(ベビーシート)は、正門駐車場内、南門付近、中央広場、三渓記念館内のトイレにあります。現在、授乳室のご用意はありません。
車椅子を借りることはできますか?
入園改札にご用意があります(無料)。台数に限りがありますのでご了承ください。
園内の案内を頼む事ができますか?
園内で活動しているガイドボランティアに案内を頼む事ができます。10名以上のグループで来られる場合は予約も承ります。また、古建築・植栽・美術品など、学術の研究に関わることの見学および案内に際しては、所定の見学願いを提出ください。提出された見学願いによって、可否の回答をいたします。詳しくは、三溪園 事業課にお問いあわせください。
オリジナルグッズは売っていますか? どこで購入できますか?
三溪園の風景、古建築の写真が収録された写真集、絵葉書の取り扱いがあります。この他、
  • 三重塔の図を型押しした落雁(京都 寿製菓製)
  • 三溪園創設者 原三溪がデザインした三溪四弁花文をあしらった懐紙入れ(京都 龍村美術織物製)
  • 捺染という手法で染めた三溪園オリジナル小布(横浜 濱文様製)
三溪園内でしか購入できない多数のオリジナル製品があります。以上の品は、三溪記念館内のミュージアムショップで販売しております。
園内に忘れ物・落とし物をしたのですが、どこに問いあわせればよいですか?
管理事務所窓口、正門案内所窓口に直接、または、電話にてお問いあわせください。
電話045(621)0634(代表)
※番号のおかけ間違いにご注意ください
その他
園内で撮った写真を個人のホームページなどに利用してもいいのでしょうか?
商用目的でなければ、差し支えありません。商用目的でご利用の場合は、事前に当園事業課にお問いあわせください。
ホームページに掲載されている画像・文を利用することはできますか?
三溪園のホームページに含まれる写真は、撮影者あるいは三溪園が著作権を有しています。当園に無断で、ホームページや印刷物などその他の媒体に利用・引用し頒布・閲覧に供する行為は一切禁止します。ご利用の場合は、事前に当園事業課にお問いあわせください。
職員の新規採用はありますか?
現在、常勤職員の新規採用の予定は、ありません。採用の予定が生じた際はホームページ上にてお知らせいたします。最近の採用実績は次のとおりです。
  • 2010年 1名(営業担当)
  • 2011年 なし
  • 2012年 なし
  • 2013年 なし
  • 2014年 なし